ホーム  >  競売

競売情報

競売物件・競売に関することはタウンホームお任せ下さい!
競売物件とは?
競売制度とは、銀行からお金を借りて不動産を買った人が、不況によるリストラや倒産その他の理由でローンの支払いが出来なくなった時、金融機関が裁判所を通して、その不動産を差押え、競売に掛けることによって貸金の回収を図りる制度です。競売物件とはその競売にかけられた住居などのことです。

不動産を購入した人が借入金の返済ができず放置していると、一括弁済の督促状が届きます。これはローン契約時に同時に契約した保障機関が借り入れた人に代わって弁済したために、その保証機関から送付される督促状です。

当然一括で返済することなどできず、そのまま放置、ローンの担保となっていた物件には競売開始決定の登記が付き期間入札となり、周りの人たちに知られるようになります。この競売で、落札者(競落者)が出ると、建物の場合そこに入居する人たちは強制的に退去させられます。むろん所有者以外の入居者も同様に退去させられます。

この競売で売出される不動産は、一般に売出される不動産の相場より60から70%程度、場合によっては半額程度になると云われており、一般の人々の競売による不動産取得が人気を帯びてきておりますが、売る側としては非常に不利な売買と云えます。最低落札者価格が設定されているため、タダということはありませんが、競売後も残債は払わなければならず、できるだけ残債は少なくしたいところです。
競売情報イメージ写真
不動産競売代行、承ります。
私達は、個人又は企業の不動産競売物件の落札、明け渡しまでのサポートをしております。物件情報の提供、占有者の調査、入札価格の調査、立ち退き交渉等、競売に関する事でお困りであれば、何でもお気軽にご相談ください。

任意売却情報

住宅ローン返済でお困りの方!任意売却がお悩みj解決の切り札です!
任意売却情報イメージ写真
任意売却とは?
任意売却は、住宅ローンや借入金などの支払いが困難になり、債権者に「競売」の申し立てをされてしまった時、債権者との間に仲介者が入り、不動産を競売にかけずに所有者・債権者・買主の納得のいく価格で売却を成立させることです。
任意売却のメリット
1) 競売よりも債権者に借入金を多く返済できます。
競売では通常より2~3割り程度安い価格にされますが、任意売却では話し合いにより納得のいく価格で売却できより多くのお金を債権者にか返済することができます。
2) 他人に知られないで売却できる。
競売は物件の調査のため聞き込みなどが行われ、不動産の売却が周囲に知れわたってしまいますが、任意売却は知られることなく売却できます。
3) 交渉しだいで引越し代等も
競売で売却された代金は全て住宅ローンの返却にまわされ、引越し代や立退き費用はもらえません。しかも任意売却であれば交渉しだいで引越し代をもらう事も可能です。
4) お客さまに金銭的負担がかからない
売買が成立した際、手数料は債権者の方からいただくことになっているので、お客さまに金銭的負担がかかりません。
相談無料です。ぜひお気軽にお尋ねください

ページトップへ